竹林知樹

代表取締役/ランドスケープアーキテクト

 

福岡県糸島市在住、石川県生まれ。九州大学大学院都市環境デザイン専攻にて工学修士、景観研究室在籍時に後に土木学会デザイン賞を受賞した「遠賀川 直方の水辺」プロジェクトに従事し、コミュニティ参加型デザインの可能性を経験する。

 

コーネル大学大学院にてランドスケープアーキテクチュア修士取得後、Schweingruber Zulauf Landschaftsarchitekten(スイス・チューリッヒ。現Studio Vulkan。)、建設会社(東京)勤務を経て、2016年より福岡を拠点に、現在の株式会社Takebayashi Landscape Architects開設。

 

ミズベリング樋井川ディレクターとして分散型水管理と地域コミュニティ活動に従事(2016年~)、世界銀行東京防災ハブ等が共催した第2回統合都市洪水リスク管理研修会合ミニスタジオのコーディネート(2019)、北九州市景観アドバイザー(2019年~)、佐賀県美しい景観づくりアドバイザー(2020年~)を務める。

 

 

社会活動

  • 九州大学非常勤講師(建築) (2020年~)
  • 世界銀行 都市防災研修会/プログラム企画支援 (2020, 新型コロナウィルスによるパンデミックのため中止)
  • 佐賀県美しい景観づくりアドバイザー (2020年~)
  • あまみずコーディネーター養成講座2019|京都 KYOTO/講師 (2019)
  • 世界銀行 総合的な都市洪水リスク管理に関する分野別実務者研修会合(Technical Deep Dive)ミニスタジオ/プログラム企画支援・コーディネータ (2019)
  • 北九州市景観アドバイザー (2019年~)
  • あまみずコーディネーター養成講座2018東京/講師 (2018)
  • World Social Science Forum 2018 Fukuoka 樋井川ツアー/プログラム企画・運営 (2018)
  • 認知症になっても安心して暮らせる地域づくり~RUN伴+(プラス)×ミズベリング樋井川~ウォーキング/プログラム企画・運営 (2018)
  • あまみずコーディネーター養成講座2017/講師 (2017)
  • 雨庭デザイン最前線セミナー/講師 (2017)
  • あまみずコーディネーター養成講座2016/講師 (2016)
  • Ground Scape Design youth 24/講師 (2016)
  • ミズベリング樋井川/設立・ディレクター (2016)
  • 日本造園学会関東学生デザインワークショップ/チューター (2015)
  • 日本ランドスケープアーキテクト連盟福島の中学生ワークショップ/講師 (2013)
  • 第一回社会人景観トレーニング(建設コンサルタンツ協会九州支部/風景デザイン研究会主催)/チューター (2007)

 

受賞

  • 土木学会デザインコンペ 22世紀の国づくり~ありたい姿と未来へのタスク~ 入選 「山川草木人の命の営みをつなぐ国土形成~われわれ人間は大自然の一部である~」 (2018)
  • 大成建設環境本部長賞 (2013)
  • 大成建設建築技術アワード賞 「環境配慮設計ツールCASナビの開発」 (2013)
  • 沖縄・大規模基地返還跡地利用計画提案コンペ 1等 (2012)
  • 土木学会デザイン賞 最優秀賞 「遠賀川直方の水辺」 (2009)
  • 「グリーンコミュニティ」国際学生設計競技 2等 (アソシエーション オブ カレジエイト・スクール オブ アーキテクチュア主催) (2008)
  • エド ベーコン国際学生都市設計競技 2等(エド・ベーコン財団主催) (2007)

 

Tomoki Takebayashi

 

Founding Principal/ Landscape Architect

 

Gaining multidisciplinary academic and professional experiences in Japan, New York, and Zurich, Tomoki founded Takebayashi Landscape Architects Ltd. to practice landscape and public realm design with passion in creating spaces which express the site specific history, natural environment, and social context of their location.  Specialize in landscape architecture for infrastructural spaces such as streets, riversides, urban plazas.

 

Also, he has committed to several positions, such as a director at Mizbering Hii River, a landscape advisor in Kitakyushu City, and Saga prefectural government.  Mizbering Hii River is a community based green infrastructure project which is equipped with a comprehensive water cycle system that encompasses flood control, water utilization, environmental preservation, and quality of life of local people.  At the 2nd Technical Deep Dive on Integrated Urban Flood Risk Management, which was held by such as the World Bank’s Tokyo Disaster Risk Management Hub, Tomoki contributed to a Mini Studio program planning and facilitation as a coordinator.

 

Tomoki earned the Master of Engineering degree from Kyushu University, where he engaged in an Onga River planning and design project and experienced the significant possibilities to invent a better design with a community participatory process.  The project won the Japan Society of Civil Engineers Grand Prize 2009.

 

After that, Tomoki entered Cornell University in New York and earned the Master of Landscape Architecture degree with a concentration of urbanism and ecological techniques.  He started his professional career in Zurich, where he had a position in Schweingruber Zulauf Landschaftsarchitekten (currently, Studio Vulkan), and later a major design-build corporation in Tokyo.

田浦扶充子

技術士(建設部門)

 

株式会社オリエンタルコンサルタンツを経て、2016年より九州大学工学研究院にて、分散型水管理による「あまみず社会」の構築プロジェクトに参加。

洪水抑制、環境改善、コミュニティの再生等を目的とした、グリーンインフラによる雨庭の実装および評価に取り組む。

 

 

学術論文(査読付)

  • 分散型の水管理を通したあまみず社会のデザインと実践

田浦扶充子・島谷幸宏 ・ 小河原洋平 ・ 山下三平 ・ 福永真弓 ・ 渡辺亮一 ・ 皆川朋子 ・ 森山聡之 ・吉冨友恭 ・ 伊豫岡宏樹 ・ 浜田晃規 ・ 竹林知樹 

土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.75,No.5(土木計画学研究・論文集第36巻), I_153-I_168, 2019.

  • 善福寺川上流域を対象にしたグリーンインフラによる流出抑制及びCSO 抑制効果

小河原洋平・田浦扶充子・島谷幸宏

土木学会論文集B1(水工学) Vol.74, No.5, I_355-I_360, 2018.

  • 遠賀川直方地区緩傾斜スロープ高水敷における来場者行動特性

樋口明彦・田浦扶充子・高尾忠志・佐藤直之・岡本良平
景観・デザイン論文集,No.3,pp.83-94,2007.12

 

 

書籍

 

  • 「2017年 九州北部豪雨 集落会議の記録 17集落,46の復興新聞 絶望から希望へ」

編著者・島谷幸宏,編者・仲野健太郎,田浦扶充子

あまみず出版,2020.6

 

 

寄稿・取材等

  • 多世代共創による分散型水管理「あまみず社会」の取り組み

田浦扶充子

土木学会誌,Vol.140,pp.26-27,2019

  • 風かおり、緑かがやく、あめにわ憩いセンターの取り組み

角銅久美子・田浦扶充子

水循環,pp.40-43,Vol.109, 2018

 

 

受賞等

  • 土木学会デザインコンペ 22世紀の国づくり~ありたい姿と未来へのタスク~ 入選

「山川草木人の命の営みをつなぐ国土形成~われわれ人間は大自然の一部である~」 (2018)

 

  • Best Poster Award: A Case Study of Rainwater Society Initiative Projects that Promotes De-Centralized Water Management Systems

田浦扶充子・島谷幸宏 ・ 小河原洋平 ・ 山下三平 ・ 福永真弓 ・ 渡辺亮一 ・ 皆川朋子 ・ 森山聡之 ・吉冨友恭 

Asia Wetland Symposium,2017.11.8

 

Fumiko Taura

 

Engineer (Professional Engineer, Japan)

 

Fumiko has engaged in the implementation and evaluation of green infrastructure such as a rain garden that aims to flood control, environmental improvement, and community regeneration.  Also, she is a member of the Labs for Rainwater Society Project that proposes an “Amamizu (Rainfall) society,” which is equipped with a comprehensive water cycle system that encompasses flood control, water utilization, environmental preservation, and quality of life of local people.

 

Before joining Takebayashi Landscape Architects Ltd., she committed to a wide variety of infrastructure projects at a nationally known civil engineering consultant, Oriental Consultants Co.,Ltd.